家庭菜園で選ばれることが多い野菜~ジャガイモの育て方を知ろう~

家庭菜園が注目されているワケ

今スーパーへ行くと野菜の価格の高さにびっくりする人も居るでしょう。家計の負担を少しでも少なくしたい、そんな人から今家庭菜園が注目されています。家庭菜園ならやり方によってはたくさん育てることができる為、お財布にとても優しいです。

家庭菜園で人気の野菜

園芸用品
no.1

子供も大好きなジャガイモ

ホクホクとして子供も大好きなジャガイモ。長期保存もでき、1つの苗からたくさんの芋を収穫することが出来ます。

no.2

長期保存が可能な玉ねぎ

こちらも長期保存が可能な玉ねぎは、どんな料理もあう万能野菜です。スーパーでの価格も上がっている今、家庭菜園にすることで価格を抑えることが出来ます。

no.3

葉物野菜のホウレンソウ

ホウレンソウなど葉物野菜はどんどん高騰していますが、このホウレンソウは初心者でも育てやすいです。

育てやすさで選ぼう!

難易度の高い野菜をいきなり選んでは、育て方も難しく実があまり付かず、家庭菜園を楽しめなくなってしまいます。家庭菜園を初めて行う人は、まずは難易度が低くて育てやすい野菜を選ぶようにしましょう。

根菜と葉野菜の育て方を比較!

根菜の育て方について

根菜を育てるとき、土をしっかりとならして柔らかくしましょう。地中で育つ野菜の為、畑でそだてるといいでしょう、

葉野菜の育て方について

葉野菜はプランターでも簡単に育てることが出来ます。間引きをして隣同士がくっつかないようにお手入れをしましょう。

家庭菜園で人気があるジャガイモの育て方と種類

苗

ジャガイモの品種について

ジャガイモには皮が黄色いタイプと赤や紫色のタイプがあります。皮が黄色いタイプは男爵にメークイン、キタアカリにインカのめざめやマチルダなど、比較的市場でよく出回り、私たちが普段利用する頻度が高いジャガイモです。皮が赤や紫色のものは、シャドークインやグラウンドペチカ、タワラポラリス北極星にレッドムーンなど、スーパーではあまり見かけないジャガイモもあります。切っても中身が赤色で、アントシアニンを多く含んでいます。

園芸用品

ジャガイモの育て方のポイント

プランターを使用する場合、深さ30センチ以上の深めのプランターを用意するようにしましょう。横幅は30センチから40センチで1株、80センチになれば2株育てることが出来ます。育てる場所がないという人は、培養土の袋でも育てることは可能です。袋の底に排水用の穴をしっかりとあけるようにしましょう。畑で育てる場合は、酸性の土が好きなので石灰を入れないようにしましょう。有機配合肥料を入れて良く肥やしましょう。

男性

ジャガイモの植え付け時期

ジャガイモには春と秋の2回植え付けの時期があります。春は3月から4月中旬まで、秋は8月の下旬から9月が植え付けの時期です。この中で初心者に向いている時期は春と言われています。なぜ冬の時期が適していないか、それは3つの理由があります。1つ目は種イモの販売の時期や植え付けの期間が春より短い事、2つ目は夏から秋の暑い時期に種イモが腐りやすくなってしまい保存が難しい事、3つ目は冬の寒さが早くなってしまうとジャガイモが大きく育ちにくいということです。この3つの理由から、初心者には春がお勧めです。